ベートーベン鈴木

<プロフィール>
出身地・・・茨城県守谷市
身 長・・・170cm
体 重・・・65kg
趣 味・・・ゴルフ、大リーグ
大好き・・・酒
大嫌い・・・煙草
特 技・・・どこでも寝る
研究テーマ・・・コミックソングの作詞、作曲、歌唱、トーク

<所属団体>
東京演芸協会(会長)
日本作曲家協会(正会員)
JASRAC(正会員)

<ヒット曲>
♪日本全国酒飲み音頭
♪チャカ・ポコ・チャ
♪演歌血液ガッタガタ

<受賞>
フジサンケイ放送演芸大賞(バラクーダー)
東芝EMIヒット賞(♪日本全国酒飲み音頭)
徳間ジャパンシングル部門銀賞(♪チャカ・ポコ・チャ)
ビクター音楽産業ヒット賞(♪演歌血液ガッタガタ)
日本有線放送大賞特別賞(♪演歌血液ガッタガタ)

 子供の頃から人前に出るのが好きで小中学校時代は先生生徒の前で落語、漫才、手品などをやってウケを取っていた。高校時代に音楽に目覚め独学でギターを学ぶ。日本大学在学中にロックバンド活動に熱中し、1年で中退。音楽で身を立てようとプロの道へ。
『ナッツダンディーズ』を経て、コミックバンド『那須三郎とダスターポット』→『岡本八とダスターポット』ではリードギターを担当。

 1972年の『ダスターポット』解散後はナイトクラブで弾き語りをしていたが、1974年に元同僚の岡本圭司とのコンビでお笑い楽団『バラクーダー』を結成。
浅草の舞台を中心にテレビラジオの寄席番組で活躍しているうちに昭和54(1979)年、自作の歌「日本全国酒飲み音頭」が70万枚を売り上げる大ヒット。その後「チャカ・ポコ・チャ」が30万枚、「演歌血液ガッタガタ」が50万枚と立て続けにヒットを飛ばしお笑いから歌謡界に殴り込みを掛ける。

 そして平成元年(1988)年に独立を宣言。
現在は、作詞作曲を中心に多種多様の仕事先で歌と笑いのショーを開いている。
温泉ホテル、スーパーの新規開店、商店街の売り出し、健康ランド、各地のお祭り、結婚式のゲスト、会社の慰安会、カラオケ大会の審査員、シンガーソングライターコメディアンとしての寄席出演などなど・・・。